【2018年反省会(18)】「多様性社会」とは「総差別社会」である(2)

【2018年反省会】記事一覧(全26回) (その1からの続き) 差別を完全になくすことは難しい。だが、言葉の爆発が差別を生んでいるならば、言葉を減らすことが差別の緩和につながるに違いない。対立している複数の言葉を包摂する新たな言葉を生み出すこと、包摂される言葉間の対立をなかったものとする行為である。これは弁証法とは異なる。弁証法においては、正と反という同一基準上の対立を乗り越えて合を生成する。私の … 続きを読む 【2018年反省会(18)】「多様性社会」とは「総差別社会」である(2)