社員が輝く経営の実現

中小企業が「社員50人の壁」を超えるための管理職育成を支援します

斎藤慶典『デカルト(哲学のエッセンス)』―理論とは「建築物」か「3本の矢」か?

  • 2021.05.05

  デカルト―「われ思う」のは誰か (シリーズ・哲学のエッセンス) 斎藤 慶典 日本放送出版協会 2003-05T 若き日のデカルトは、膨大な読書を通じて過去の偉人との対話を重ねていた。文学、雄弁術、詩、数学、哲学、法学、医学などである。しかし、どれを読んでも彼の知的欲求を完全には満たすことがなかった。彼は最終的に、「おびただしい疑いと迷いに取りつかれてにっちもさっちもいかないありさま」 […]

富松保文『アウグスティヌス(哲学のエッセンス)』―「自分を知る」とはどういうことか?

  • 2021.04.21

  アウグスティヌス <私>のはじまり (シリーズ・哲学のエッセンス) 富松 保文 NHK出版 2003-11-21 アウグスティヌス(354~430年)は、西ローマ時代に北アフリカで活動した教父である。テオドシウス1世がキリスト教を国教として公認した時期にあたる。ローマ=カトリック教会の理念を確立させ、中世以降のキリスト教に多大な影響を与えた。著書は100冊以上に上るが、代 […]

内発的アプローチで小規模企業の事業戦略をデザインする~私自身を題材に

  • 2021.04.07

 《本記事と関連する研修サービス》 事業戦略を立案する方法には「外発的(外部環境)アプローチ」と「内発的(内部環境)アプローチ」があり、どちらかと言うと前者の方が一般的ではないかと思う。外発的アプローチは、あまたある業界の中から魅力的な業界を発見するところからスタートする。 魅力的であるとは、別の言い方をすれば収益性が高いという意味である。そして、業界の収益性を分析するフレームワークの代 […]

精神障害者雇用の3つのポイント~通常の採用準備・面接・定着支援と比較して

  • 2021.03.24

 《今回の記事と関連する研修サービス》 「障害者雇用促進法(障害者の雇用の促進等に関する法律)」により、社員数が一定数以上の規模の事業主は、社員に占める身体障害者、知的障害者、精神障害者の割合を「法定雇用率」以上にする義務を負う。民間企業の法定雇用率は2.2%であり、社員を45.5人以上雇用している事業主は、障害者を1人以上雇用しなければならない(社員数に法定雇用率を掛け、小数点以下を切 […]

ジョセフ・ナイ3部作『ソフト・パワー』、『リーダー・パワー』、『スマート・パワー』を読んで 

  • 2021.03.10

  ソフト・パワー 21世紀国際政治を制する見えざる力 ジョセフ・S・ナイ 日本経済新聞出版 2004-09-14 リーダー・パワー ジョセフ S ナイ 日本経済新聞出版 2008-12-17 スマート・パワー―21世紀を支配する新しい力 ジョセフ・S・ナイ 日本経済新聞出版 2011-07-21 ジョセフ・ナイはアメリカの政治学者で、民主党政権でしばしば政府高官を務め、ジャパン・ハンド […]

1 17