記事

1/14ページ

谷喬夫『現代ドイツの政治思想―ナチズムの影』―博愛・自由・平等のトリレンマという仮説

  • 2021.02.24

  現代ドイツの政治思想―ナチズムの影 (シリーズ「政治思想の現在」) 谷 喬夫 新評論 1995-03T 第二次世界大戦を引き起こし、ホロコーストで世界を戦慄に陥れた「ナチズム」はなぜドイツで生じたのか?という問題を取り上げた1冊である。 伝統的な分析では、ナチズムは「政治内現象」であるとされる。近代ヨーロッパで支配的となっていた自由主義は、財産と教養ある階級、すなわちブルジョワジーの […]

【メンタルヘルス対策】中小企業がすぐに実践可能なラインケアの5ポイント

  • 2021.02.10

 《この記事と関連する研修サービス》 職場でメンタルヘルス不調に陥る社員が増加しているという社会的な問題を受けて、2015年6月に「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が公布され、同年12月から「ストレスチェック制度」が開始された。「定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減さ […]

佐野勝男、槇田仁『精研式 文章完成法テスト解説(成人用)』―SCTの解釈と応用的活用

  • 2021.01.27

 《本記事と関連する研修サービス》 メンタルヘルス研修 (※)本研修は2021年から提供開始予定です。 目次 1. 背景2. 特徴3. 対象4. 標準テキスト(3分の1ほど公開)5. 標準カリキュラム6. 標準価格(応相談)7. カスタマイズ例8. お問い合わせ9. 研修サービス一覧へ9.0.1 一般的に、精神疾患の診断は問診と質問票によって行われる。うつ病の質問票としてはSRQ-D(S […]

四書五経の1つ『詩経』が伝えたかったのは「ヨコの関係」の重要性ではないか?

  • 2021.01.03

  詩経 (中国古典新書) 石川 忠久 明徳出版社 2011-02-10 論語 (岩波文庫 青202-1) 岩波書店 1999-11-16 書経 (中国古典新書) 明徳出版社 1974-01-10 四書五経は、儒教の経書の中で特に重要とされる四書(『論語』、『孟子』、『大学』、『中庸』)と五経(『詩経』、『書経』、『易経』、『春秋』、『礼記』)の総称である。このうち『詩経』とは中国最古の […]

日本からイノベーションが生まれない根源的理由

  • 2020.09.23

 イノベーションは既存の考え方を破壊し、新しい原理原則を打ち立てることによって生み出される。既成概念を打破するための思考法として、しばしばヘーゲルの弁証法が用いられる。全ての命題(テーゼ=正)は己のうちに矛盾を含んでおり、それによって必然的に己と対立する反対命題(アンチテーゼ=反)が生み出される。生み出したものと生み出されたものは互いに対立し合うが、同時にまさにその対立によって互いに結び […]

1 14