記事

2/14ページ

佐野勝男、槇田仁『精研式 文章完成法テスト解説(成人用)』―SCTの解釈と応用的活用

  • 2021.01.27

 《本記事と関連する研修サービス》 メンタルヘルス研修 (※)本研修は2021年から提供開始予定です。 目次 1. 背景2. 特徴3. 対象4. 標準テキスト(3分の1ほど公開)5. 標準カリキュラム6. 標準価格(応相談)7. カスタマイズ例8. お問い合わせ9. 研修サービス一覧へ9.0.1 一般的に、精神疾患の診断は問診と質問票によって行われる。うつ病の質問票としてはSRQ-D(S […]

四書五経の1つ『詩経』が伝えたかったのは「ヨコの関係」の重要性ではないか?

  • 2021.01.03

  詩経 (中国古典新書) 石川 忠久 明徳出版社 2011-02-10 論語 (岩波文庫 青202-1) 岩波書店 1999-11-16 書経 (中国古典新書) 明徳出版社 1974-01-10 四書五経は、儒教の経書の中で特に重要とされる四書(『論語』、『孟子』、『大学』、『中庸』)と五経(『詩経』、『書経』、『易経』、『春秋』、『礼記』)の総称である。このうち『詩経』とは中国最古の […]

日本からイノベーションが生まれない根源的理由

  • 2020.09.23

 イノベーションは既存の考え方を破壊し、新しい原理原則を打ち立てることによって生み出される。既成概念を打破するための思考法として、しばしばヘーゲルの弁証法が用いられる。全ての命題(テーゼ=正)は己のうちに矛盾を含んでおり、それによって必然的に己と対立する反対命題(アンチテーゼ=反)が生み出される。生み出したものと生み出されたものは互いに対立し合うが、同時にまさにその対立によって互いに結び […]

レジリエンス(再起力)を発揮するための7ステップ

  • 2020.09.16

 レジリエンス(resilience)とは、跳ね返り、弾力、回復力、復元力という意味を持つ言葉である。ストレス(stress)とともに物理学の分野で使われていた言葉であるが、近年は個人や組織が「様々な環境・状況に対しても適応し、生き延びる力」として使われるようになった。 レジリエンスという概念は、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大虐殺行為「ホロコースト」によって生まれた孤児への追跡調査がき […]

納富信留『プラトン(哲学のエッセンス)』―否定=支配を伴わない新しいUnlearnの形を模索したい

  • 2020.07.12

 20年前の2004年春、晴れて大学に進学した私は1つの奇妙な現象に直面していた。高校までとは全く異なる刺激的な大学の講義を受けると、受験勉強で頑張って覚えた知識が代わりに頭の中から知識が蒸発し、頭が軽くなるような感覚があった。「Learn⇒Unlearn⇒Relearn」という言葉がある。何か新しいことを学習する際には、それまでの学習内容を一旦忘却しなければならないという意味である。私 […]

1 2 14